セックスレスへの不満で始まった不倫、相手の女性のテクニックにやられてしまいました

投稿者:恭平さん(38歳)男性 東京都 翻訳業

恭平さんは奥さんとはセックスレス。
セックスの相手が欲しいと出会い系サイトで同じく旦那さんとセックスレスの女性と出会います。
早速ホテルに一緒に行きますが、彼女のテクニックに恭平さんは虜になってしまいます。

出会い系で知り合った女性とシックスナイン
出会い系で知り合った女性とシックスナイン

30代後半の男です。

英語の論文や書籍の翻訳の仕事を行っているもので、家にいる時間がそれなりに多く、出会いは少ないです。

そして、出かける時は出版社などでのミーティングなので、外出する時は、日時もまちまちです。

恋愛結婚しているのですが、妻とはほぼセックスレスの状態になっていました。

妻はもともとそういう事があまり好きな方でない上に、付き合いが長くなってからは徐々に拒否される回数が増え、次第にセックスレスになってしまいました。

セフレを求めて出会い系サイトに登録

不倫はいけない事だと思っていましたが、体の方が満足できず、セックスのパートナーが欲しいと思うようになり、おさえきれませんでした。

でも、どこか自分の中では現実味のない話のように思っていたのですが、とにかく行動してみよう、出会えるかどうかはともかくやってみようと、ある時に出会い系サイトに登録してみました。

出会い系サイトは、まだ結婚していない人や、20代の若者ばかりなのではないかと思っていたのですが、意外と自分と同年齢の人や、既婚者と思しき人も多く、驚きました。

なんだか露骨にサクラっぽい人もいましたが、どうもそうではない、私と似たような境遇の女性もいて、こういう人ならお互いの胸の内を話せるのかも知れないと思い、お気に入りにチェックしたところ、何人かとマッチングしました。

彼女もセックスレスに悩んでいた

その時にマッチングしたのは、20代後半で、共働きの人妻女性でした。

共働きといっても就職しているわけではなく、パートをしている程度という事でした。

彼女は身だしなみにも気をつかっていて、きれいな女性でした。

彼女も旦那さんとセックスレスの状態で、悩んでいるという事でした。

旦那さんが「疲れている」と言って拒否されてしまうのだそうです。

私の方は夫婦仲は悪くなかったのですが、彼女は旦那とは会話も少なく、旦那がぜんぜん家にお金を入れてくれなくなったので、自分のお小遣いはパートで稼いでいるという事でした。

なんでこんなにきれいな人を放っておくんだろうと思いました。

彼女のテクニックにやられてしまった

そして、その日のうちに彼女とホテルに行きました。

不倫だという罪悪感はあったのですが、お互いに求めるセックスをしたのは久し振りで、こんなに気持ちいものだったのかと思いました。

若いころに、かなりセックスに積極的な子と付き合っていた事があったのですが、その時のことを思い出しました。

彼女もとても積極的で、セックスがうまくて私も感じさせられました。

シックスナインの恰好で私が彼女のアソコをクンニしている間に、彼女は私のものをしゃぶりながら、私のお尻を指でいじりまわしたり、乳首を軽くつねってきたりしました。

こういうふうに積極的にされた事がしばらくなかったもので、男なのに私はおもわずあえいでしまいました。

「男の人があえぐのって、すごく気持ちいい。ねえ、もっといっぱい声を出して。」

彼女はそういって私のお尻の穴に舌を入れてきました。

私がお尻をさわられて声を出してしまったからだと思います。

アナルを責められたのは初めてだったのですが、舌を入れたり指を入れたりしてくる彼女のテクニックに、私はメロメロになってしまいました。

挿入する時になって、あらためて彼女の裸を見たのですが、女ってエッチな体つきをしてるなと思いました。

セックスしている時に、彼女とはディープキスをしたり、体を密着せて強く抱き合ったり、乳首や首筋やクリトリスなど、相手のいろいろな所をお互いに愛撫しあったり、妻とのセックスでは出来ない事をたくさんしたり、されたりしました。

そして、時間をかけて1回終わったあと、すこし二人で話していた時に、彼女は話しながら私のペニスをしごきはじめ、そしてまた彼女とのセックスにひきずりこまれました。

「ねえ、また会いたいです。あなたと色んなことをしたい。」

彼女との関係は続いている

それから彼女とは何度も会うようになりました。

彼女をかるく縛ってエッチしたり、逆に彼女にフェラチオで飲まれてしまったり、いく瞬間に彼女にしがみつかれ「中にちょうだい」と言われて中出ししてしまったり、お互いに貪欲にエッチな事を求めあう関係になりました。

体の関係だけでなく、彼女とは性格も話も合うので、デートもするようになりました。

私は打ち合わせと言って出てくるし、彼女はたぶんパートと言って出てくるので、せいぜい夕方ぐらいまでしか会えないのですが、一緒に食事したり、一緒に買いものに行ったり、ちょっとしたことを一緒にするだけで、とてもときめきました。

彼女との関係は3年以上続いています。


やはりセックスレスの人妻は淫乱で床上手だ。
フリーの女性と違ってみだりに男性と付き合い放題というわけではないから、相当溜まっているのだろう。
セックスを楽しむパートナーとしてはまさにうってつけだ。
恭平さんも彼女との不倫で新たな性の扉を開いたようだし、関係も長続きしているようだ。
セックスレスの人妻が不倫には狙い目かもしれない。


PAGE TOP