出会い系で出会った男性と、会ったその日にエッチしました

投稿者:なるさん(28歳)女性 兵庫県 専業主婦

なるさんは28歳の専業主婦です。
ご主人とのすれ違いと消せないうずきから、なるさんは出会い系サイトに登録します。
お相手はすぐに見つかり、会ったその日にホテルへ。
そして、久方ぶりの官能の喜びになるさんは我を忘れて腰を振るのでした。

出会い系で出会った男性と熱いセックス
出会い系で出会った男性と熱いセックス

私は夫がいる身でありながら、一度だけ他の男性と一夜を共にしました。

その時の体験をお話ししたいと思います。

人妻が出会い系サイトに登録するとき

始まりはほんの些細な好奇心と性欲からでした。

結婚して3年目に入った頃から夫とはすれ違いが続いていました。

夫が帰ってくるのはほとんどが深夜帯で、顔を合わせることも少なくなっていました。

言葉を交わすのは、朝ごはんの時に挨拶する程度。

嫌いになったわけではありませんが、お互いどこかよそよそしい関係が続いていました。

そろそろ子どもが欲しいと思っていましたが、夫はたまに早く帰ってきても

「疲れた」

と言って、私の話を聞いてくれません。

この頃から胸の中でもやもやと、わだかまりが残るようになっていきました。

ここだけの話、私は性欲がかなり強い方でした。

夫と恋人だった頃は、週に一度はエッチをして、たびたび一人エッチもしていました。

夫への不信と欲求不満から、私は出会い系サイトに登録しました。

誰でもいいから夫以外の男性と一夜を共にしてみたいという好奇心もありました。

罪悪感と背徳感のはざまで人妻は

「人妻です。エッチの上手い人が良いです」と簡単な自己紹介をしただけで、相手はすぐに見つかりました。

お相手の方は会社員で、私より10歳も年上でした。

やり取りをしてみるととても誠実な方で、かなり女性慣れしているようでした。

彼と実際に会ったのは、知り合って2週間後ぐらいでした。

夫には、友達と小旅行に行ってくると嘘をつきました。

少し罪悪感はありましたが、夫が興味なさげに返事をしてきたので、これで良かったのだと思いました。

背徳感も相まって、かなり興奮していました。

待ち合わせ場所に行ってみると、彼はすらりとして身長が高く、顔はどちらかというと塩顔で清潔感のある人でした。

お互いに自己紹介をし終えた後は、どちらからともなくホテルへと向かいました。

久しぶりの快感に痴態を晒す人妻

ここからが、私にとって未知の体験でした。

まず、彼は

「シャワーを浴びずにそのままでいて欲しい」

と言いました。

服を一枚ずつ剥がされ、すんすんと汗の匂いを嗅いでいるようでした。

彼の唇が肌に触れた瞬間、頭がふわりと浮いたような感覚になりました。

夫と最後にエッチをしたのはもう半年も前です。

下着のホックを外すと彼はしゃぶりつくように乳首を責めてきました。

思わず声が漏れ、彼に身を委ねます。

とても生々しく、快感が足先まで突き抜けていくようでした。

彼は私のアソコを舐めながら、お尻を揉み始めました。

ベッドの上で、ゆっくりと味わうように手を這わせていくのには、かなり興奮しました。

下準備といったところでしょうか。

徐々にアソコが濡れてきたのを確認し、彼は自らのペニスを持ち上げました。

その時驚いたのは、大きさと太さです。

夫よりもずっと大きく、かなりギンギンになっていました。

これが私の中に入ってくるのかと思うと、さらに興奮しました。

太ももを持ち上げられ、陰部が大胆に開かれます。

その時の私は快感のせいか、かなりぼんやりしていました。

キスをされ、アソコを刺激され、とにかく麻痺していたのです。

そして彼はコンドームも付けずに私の中に入ってきました。

奥まで入った瞬間、思わず叫んでしまいました。

騎乗位にさせられると、自分でも腰を振りつつ彼のペニスの上で何度も何度も喘いでいました。

そんな私の姿を見て彼は

「やばいな、エロい」

といっていましたが、腰を止めることはできません。

絶頂を迎えたそのとき

快感が最高潮に達し、頭の中が真っ白になった瞬間です。

体の中に熱いものが注がれている事に気付きました。

見ると、彼は中出ししていたのです。

そして私の腰を固定して最後の最後まで絞り出しているかのようでした。

これには私も絶句で、一気に目が覚めました。

さすがにやり過ぎだと思いました。

「どうして中に出したんですか」

と問いただしましたが、

「え、それは合意の上でしょ?」

と言われてしまいました。

先に中出ししてもいいか訊いて欲しかったですし、そもそも中出しするなんて思ってもみませんでした。

その瞬間に夫のことを思い出し、罪の意識を感じて涙が出そうでした。

でもそれだけでは終わらず、更に二度も中出しされ、私は抵抗できずにすべて受け止めました。

それから彼とは会っていません。

幸いな事に、妊娠はしていませんでした。

ですが本音を言うと、彼を超える気持ちのいいエッチは、もうないだろうと思っています。


了承もしていないのに中出しを二度もするような男は流石に危険だな。
火遊びにしても切っておいたほうが良いだろう。
不倫は割り切って楽しむから良いのであり、夫にバレたらという思いは欲情を掻き立てるだろうが、それ以外のリスクは無用だ。
とはいえなるさんはまだまだ暑い夜をご所望の様子、次はもっと安全な相手と不倫すると良いだろう。


PAGE TOP